無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
07スプリング28〜29戦目
28戦目
連敗で一息つかせてくれるのか、機能までとは明らかにレベルの違う対戦相手が組まれた。
序盤から順調に得点を重ね、計5本塁打、20点近い得点で快勝。
中でもあいはらが2HR6打点と活躍、かつては3番で3割20本と好成績を残したこの選手。シーズン後の打撃状態の計算方法が変更されてからどんどん成績を落としていって昨季は.250にも満たない低打率だったが今季は好調をキープしている。

29戦目
息抜きも1試合のみ、チャート値32000を超える強豪との試合に逆戻り。
先発はハーシュ2人体制の中、抜群に安定している1号の登板。
序盤、スター、ウィルソンのHRで先制、その後も得点は全てソロHRのみだが追加点を重ねていく。
9回まで無失点で迎えたハーシュだが、2者連続HRを浴びてしまい抑えのウェルズにバトンタッチ。ウェルズが無難に3人斬りで試合を締めて勝利。

21勝7敗1分。
| MKS | 2007スプリング試合結果 | comments(0) | - |
07スプリング25〜27戦目
25戦目
既に10戦以上厳しい戦いが続いており、ランク外が定着した今でも変わらず。
この日の相手も同様、エースチェコで挑んだがあっさりと3回途中でKO。
序盤から5点を追う展開に。
反撃は一発攻勢。4回から毎回ソロを1本づつ打っていく。シリング、ブッシュ、ワグナー。
8回にはブッシュがこの日2本目の3ランで何と逆転。まさかの展開。
抑えウェルズが1点を失うものの1点差で何とか逃げ切り大逆転勝利。
逆にやられたらさぞかし悔しいだろう、そんな試合だった。

26戦目
又も強豪登場。先発はまえの。
初回にシリングタイムリーで1点先制、その後試合は膠着状態に。
5回まで無失点に抑えたまえのだったが、6回始まるやいきなり2被弾であっさり逆転を許す。ワグナー盗塁阻止で6回のピンチは2失点で切り抜けると7回ウィルソンHRで再び同点。しかしその裏に又もや一発を食らって勝ち越し点を許してしまい、打線の反撃もストップ。
悔しい敗戦だがまえのは責められず。打線が不甲斐なかったがそれも仕方なし。強豪相手でそうそう上手い具合に打てるはずも無く。

27戦目
上位入賞の常連でYスタ新聞にも名前がちらほらの強豪さんとの試合。
一度は勝ってみたいものだが、、あっさりと先発ハーシュが3回5失点KO。
5回のビアスの2ランで反撃もその後は手も足も出ず。
収穫は中継ぎのマークが無失点で試合終了まで投げた事くらいか。
まだまだランク上位のチームには及ばない事が良く判った試合だった。

19勝7敗1分。
| MKS | 2007スプリング試合結果 | comments(0) | - |
07スプリング23・24戦目
23試合目
17勝同士の同勝対決。チャートもほぼ互角。
先発はオルトだったが初回に早速2点を献上。
2回にブッシュソロ、ビアスタイムリーで同点に追いつき、4回にはワグナー2点タイムリーで勝ち越し。
このままいけるかと思いきや6回に一気にオルトが捕まりKO。
中継ぎマークが相手打線を何とか抑え追加点を待つが、得点圏にランナーを進めるもののあと一本が出ず今季初のドロー。
中々波に乗れない。

24試合目
不振で.250台をウロウロしているスミスに代わり2番ショートでちばを起用。
早速うまく機能し、この試合一気にちばは3HR4打点。
最近沈黙気味だったシリングも1HR4打点と復調気配。
結局2桁得点で先発ハーシュも好投、無事勝利。
ここ10試合以上厳しい相手が続いているがそろそろ息抜きさせて欲しいところ。
リーグ制導入したらこんな試合ばかりになるのだろうか。

18勝5敗1分122位。

蛇足。某日いきなりアクセスが伸びており、確認したら検査キーワード「エロカワイイ」。
そもそもYスタの事のみつらつらと書いているこのブログ、なぜそんな検索に引っかかったのか?よくわからんw
| MKS | 2007スプリング試合結果 | comments(0) | - |
07スプリング21・22戦目
21試合目
8000を超えるパワー、7000を超える投手力。チャートを足したら33000オーバー。無敗の強豪チームとの対戦。
幸い先発はエースのチェコだったのだが。

チェコは6回までに4本のHRを食らいあえなくKO。後を継いだ中継ぎマークも2被弾で僅か1回5失点で交代。
使うつもりなど無かったドラフト投手きゃんが在籍2季目にして初登板。当然通用するはずも無く3失点だったが何とか最後まで投げきった。
打線は追いつけるはずも無くソロHR、犠牲フライでの得点のみで完敗。
恐ろしいチームの強さを身をもって痛感した。

22試合目
14勝チームとの対戦。チャートも大きく厳しい対戦相手は続いている。
こちら先発はハーシュ。
昨日の鬱憤を晴らすかのように打線が好調。スター、ブッシュ、ワグナーの連続タイムリーでまずは先制すると中盤6回にはウィルソン2ラン、7回にはブッシュ、アンダーソンの3ランがそれぞれ飛び出し大量リード。
ハーシュは序盤の1失点のみで抑え完投で5勝目。

17勝5敗114位。
| MKS | 2007スプリング試合結果 | comments(0) | - |
07スプリング18〜20戦目
18試合目
10勝チームとの対戦。
先発はハーシュ。初回にまずはシリングソロで先制。
5回にもシリングタイムリーで追加点、終盤には又もやシリングソロでダメ押し。
チーム全得点をシリングがあげ、先発ハーシュは7回無失点と好投。
ウェルズもランナーこそ出すものの2回を0点に抑え無事勝利。

19試合目
ほぼ互角のチャートに16勝。そして相手先発は今季で売り切れたレッドマンと厳しい条件が揃う。
先発まえのは初回からHRを浴びて失点。その裏シリング犠牲フライですぐさま追いつくも3回には勝ち越しを許し、5回にも被弾で差を広げられる。
結局9回に1点を返すのが精一杯で敗戦。
まだまだまえのは制球が悪く(D)戦力が整ったチーム相手では厳しいと痛感した。

20試合目
12勝チームとの対戦。
先発はハーシュ。
序盤からワグナーソロ、ビアス、あいはらタイムリー等で順調に得点を重ね、ウィルソンの3ランでダメ押し。更には相手落球などもあり2桁得点、投げてはハーシュが相手打線を寄せ付けずに完封勝利で4勝目。
シリングだけ無安打なのが気がかり。

16勝4敗108位。
| MKS | 2007スプリング試合結果 | comments(0) | - |
07スプリング16・17戦目
16試合目
13勝チームとの対戦。先発はエースのチェコ。
1,2回と1点づつを奪いまずはリードするが3回に同点2ランで試合は振り出しに。
4回にウィルソン、アンダーソンのHRで勝ち越し、その後もあいはらの適時打、スターのソロなどで得点を重ね逃げ切り。
チェコは完投で4勝目。

17試合目
9勝チームとの対戦。
先発はハーシュ。
2回に一発を浴びてまずは先制されるが3回にあいはら2ラン、スミスソロで勝ち越し。
その後は両チームとも投手が踏ん張り得点はブッシュのソロのみ。
久々に抑えウェルズの登板。2回を1安打1四球で無難に凌いで3S目を記録。
ハーシュ3勝目。

14勝3敗113位。ランク外でひっそりと。
| MKS | 2007スプリング試合結果 | comments(0) | - |
07スプリング13〜15戦目
13戦目
対戦相手が多少緩まった感。
先発はオルト。序盤にソロ1本を浴びるがその後は安定した投球。
打線で目立ったのはワグナー3ラン、シリング3安打など。6得点で快勝。
オルトは2勝目を記録した。

14戦目
9勝チームだがチャート値は大きく厳しい試合になりそうな予感。
この試合の先発はハーシュ。
1回にシリング、スターの連続HRで2点先制と幸先のよいスタート。
しかしハーシュも2回に1点、4回に1点を失い同点に。
5回あいはらのソロなどで勝ち越すもその裏にあっさり追いつかれハーシュはKO。
6回アンダーソン3ランで再度勝ち越し、その裏1点失うも何とか反撃をそこまでに食い止め無事勝利。
一応ハーシュに勝ちは付いたものの今季はどうも安定せず。

15試合目
1敗チームとの対戦。先発はまえの。
序盤から点を取り合うも5回に一挙に攻められ6失点KO。
中継ぎマークが2試合連続の登板。
打線は後半にかけてジリジリ追い上げていくものの僅かに及ばず、1点差で敗戦。
失点はエラー絡みが多く守備の大切さを痛感させられた試合。

12勝3敗。
| MKS | 2007スプリング試合結果 | comments(0) | - |