無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
3/30開幕戦D−S (ナゴヤドーム)
2007シリーズと共に当ブログもプチリニューアル。
Yスタのの事のみをつらつら書いてきたが、今後は贔屓の中日ドラゴンズ観戦記も並行して書いていこうと思う。では早速。

セリーグ開幕戦、中日ヤクルト戦を観戦。
新戦力の中村ノリに素直に声援を送り、切り札立浪も流石の一振りなど見所一杯の好試合だった。立浪登場時の声援の大きさは昨季と変わらないが、スタメン発表時の中村ノリへの声援も負けず劣らず。入団時は周りも反応が鈍かったが今では間違いなく多くのドラファンにも認められている。
未知数の李にもヒットが出て一安心。もうあと少しでスタンドインだったが、結果論だがその後の展開を考えると二塁打で良かったのかも。
開幕一軍を勝ち取った澤井もオープン戦の好調をそのまま引継ぎタイムリーを打った。今季、井端荒木の壁は高いとは思うが楽しみな選手の1人。
エースの川上は毎度の一発病だがw開幕のプレッシャーなど観ている者には判らない面もあるのだろう。
対するヤクルト、青木リグスラミレスと主軸はやはり脅威だが、ライトを守るガイエル、レフトラミレスは正直ナゴドでの守備は怖いだろうなと思う。特にガイエル。開幕でも福留の打球をグラブに入れながら結局落とし、2戦目でも中村紀の打球をツーベースにしてしまった。福留や英智ならアウトにしていた可能性が高いなと思う。今後、記録には残らない同様のプレーが繰り返されるかもしれない。
しかし、やっぱり野球シーズンは楽しいね。つくづく再認識。

7-3勝利。

今季こそは念願の日本一を頼みます、落合監督、選手一同様。
| MKS | ドラゴンズ | comments(0) | - |