無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
スプリング最終戦
早いものでもう最終戦。
予定通り先発はアラリック。

相手投手がちょっといい投手だと途端に打てなくなる判りやすいうちの打線。
お互いHR1本ずつ打って均衡した試合となったが、6回にスターの勝ち越し弾で何とか1点リードすると暫定抑えのセドリックに。
セドリックは2回パーフェクトで抑えて最終戦を1点差ゲームで勝利。
しかし打線、僅か3安打(うちソロ2本)貧打も極まれり。

これでスプリングは56勝365位で終了。
なんとか昨季と同様の数字を残しホッとしている。
| MKS | 2006スプリング試合結果 | comments(0) | trackbacks(0) |
スプリング79戦目
残り2試合、何とか目標の55勝に到達したい。
先発は予定通りパクサンフン。

対戦相手は10勝台のチーム。
初回からたたみ掛ける打線。
昨日の2安打は何だったのかどんどん追加点を取っていく。

パクも順調に抑え、9回1失点完投勝利。
エースになって貰いたかったパク、見事今シーズンは防御率1点台、14勝という好成績で終えることが出来た。

打線は終わってみれば19安打で24得点と爆発。
ザニーはこの試合5安打4打点1HRでウチの球団新記録となる27本塁打。
チームも目標の55勝を何とか達成。しかし今季は他チームさんがかなり勝ち星を積み重ねているようで2桁順位はどうやら無理。3季連続で2桁順位に入り込んでいたが少し残念。

選手成長
スチュアート 守備C→C+
| MKS | 2006スプリング試合結果 | comments(0) | trackbacks(0) |
スプリング77・78戦目
77戦目

試合中の画面が続きいつもの0:20には試合結果が見られなかった。
先ほど結果を確認。システムエラーとの事だがはてさて。

さて試合。先発は今季最終登板となる若クサンウ。
前回早々KOで中2日での登板となった。
球速が149km/hにアップしたが恐らく来季衰える為、そのスピードで投げるのは最初で最後の試合となる。
試合は序盤から一発攻勢でリード。
クサンウもヒットこそ9本打たれるものの要所を締め9奪三振無四球完封勝利で11勝目。ほぼ全ての成績で昨季以上の数字をあげることができた。

打線は前述通りHR4本2桁得点。
しかし中継ぎ3番手まで引っ張り出したものの3番手以降からは点が取れず好調とは言い難い。
54勝251位

78戦目

先発は老クサンウ。
対戦相手は30勝台のチーム。
クサンウは今日で最終登板。入札でも買い手がつかないだろうから引退になると思う。
最後の最後までウチの投手陣を引っ張ってくれたクサンウに感謝。獲得額19000ptと決して高額の選手ではなかったが残した結果は最高のものだった。感謝。ちなみに今日も僅か4安打に抑え9回を完封した。

さすがに頭にきたのは打線。僅か2安打無得点。
余りに情けないこの状況。結局0−0のまま引き分けに終わった。
これで475位まで転落。ここ数シーズンで最悪の結果に終わりそう。
今季は終了前から主力を入札に掛けていて、万全の戦力では無いにしても酷い成績。

残り2試合先発はパクサンフンとアラリックに任せる。

個人成績。過去チーム最多本塁打の26本に並んだザニー。あいはらも25本で1本差。30本到達はさすがに厳しいだろうが記録更新して欲しい。
スターは3割前後でウロウロ。せっかくだから何とか3割超を。あくまで自己満足の世界だが。
選手成長
しま コントロールD+→C−
ウィルソン パワーC+→B−
| MKS | 2006スプリング試合結果 | comments(0) | trackbacks(0) |
スプリング76戦目
今日の相手は昨季も対戦した強豪チーム。前回は辛勝、さて今回は。
先発は幸いにもエース格のパクサンフン。

しかし球威があるパクが今日は2被弾。いずれも変化球。
4回で5失点でKO。新変化のスライダーはまだ投げていないようだ。
先発投手を4人にして中3日ローテを試しているがクサンウ、パク共に撃沈。中4日の頃の安定感は全く無い。

後を継いだ台湾エースの劣化アラが残り5回を2安打0封。

中継ぎの踏ん張りに応えて打線が奮起し逆転なんかしてくれたりするのが理想だが、ウチの打線にはそんな粘りがあるわけも無く敗戦。

先発投手の実験をしているがやはり先発は5人いたほうがよさそう。飛び抜けた選手でもいれば別だが。
尚、システム変更に伴いドラフト野手の指名も再検討。

現在53勝356位で足踏み。
| MKS | 2006スプリング試合結果 | comments(0) | trackbacks(0) |
スプリング75戦目
先発は恐らく最終登板になるアラリック。
対戦相手は30勝台のチーム。

試合は先制されるが、すぐにウォルターの満塁弾などで勝ち越しそのまま終盤に突入。
アラリックは被安打10ながらも粘りの投球で9回途中まで2失点で切り抜け、最後は1人のみを中継ぎ2番手オルトが締め勝利。
先発転向したアラリック、中5日で登板させてスタミナに配慮している面があるもののほぼ合格点。
失点はするものの安定感は抜群である。

チームは53勝で265位に浮上。
とりあえず目標55勝が見えてきた。

選手成長
若クサンウ 球速148→149km/h
もうすぐ衰えるクサンウには球速練習のみを。新システムに向けて評価ptを上げる作戦がまんまと成功。これで58400ptにアップ。
| MKS | 2006スプリング試合結果 | comments(0) | trackbacks(0) |
スプリング74戦目
次々と選手を入札に出して控え選手や普段余り使わない投手を回しつつやりくりしている現在のウチのチーム。

しかし今日の先発はエースの若クサンウ。
今日は大丈夫だろう。相手は10勝台。完投で楽に勝てているハズ。

考え甘すぎ。
何を血迷ったか、強豪にもここまで打たれたことないペースでボコボコ打たれる若クサンウ。3回途中7失点KO。7点のビハインドを追う厳しすぎる展開。

打線は相手先発の疲れが見え始めた5回にあいはらの2ランでやっと得点。
バテた投手に異様に強いウチの打線、6回にもあいはらの3ラン他で1点差まで迫る。
先発をKOした後、7回に又もあいはらの2点タイムリーで遂に逆転、その後も攻め何とか10点をもぎ取る。

中継ぎ投手の劣化アラリックはランナーを出しまくる劇場投球だったが、何とか無失点で抑えて勝利投手に。
抑えに配置したセドリック、抑え初登板ながら無難に6人で片付け初S。

あいはら1人で7打点、本当に助かった。
終わってみればウィルソン以外先発全員安打。

しかし若クサンウはどうしたのか、こんなことはクサンウを2人使い続けて初のケース。いくら控え中心で組んでいるとはいえ守備のエラーでもなく自責7だから言い訳も出来ない。困ったもんだ。
とにかくこれで順位は409位(52勝)前日から余り上がらず。試合には興味なくなった、等と昨日書いておきながら、やっぱり目標の55〜56勝くらいは到達してほしい。
| MKS | 2006スプリング試合結果 | comments(0) | trackbacks(0) |
スプリング73戦目
対戦相手、今日は厳しくないとばかり思っていたが甘かった。
50勝チームでチャート値は28000超。こりゃ完全に潰し合いの様相。

先発は老クサンウ、タイトルがかかっていたが完全に陥落。
勝てない相手ではなかったが、打線の不振は深刻。
僅か4安打で完敗。
ここにきて432位。ペース的には55〜56勝ペースなのだがあまりに順位が低くて正直腹が立ってくる。

さて唯一の希望が無くなり、今季は完全に試合への興味が無くなった。
それよりも来季から入札のシステムが変更されるらしい。
ウチにとっては結構ありがたいかも。

逆にドラフト選手でもう切ろうと思っていた選手は買って貰えない可能性が高い。高額で売れなくなるから仕方が無いのだが。
これにより補強計画も1から考え直し。クビにした選手も買い戻していく方針に変更。
ドラフト選手も本当の意味で長く使っていける能力の高い選手を狙ったほうがよさそう。中途半端な選手だと意味が無くなる。

選手成長
あいはら パワーC−→C
入札改善であいはらが不要になった場合は5000ptでしか売却できなくなる。
この選手の場合は打撃が悪くても守備、特に肩にアドバンテージがあるので老化するまで面倒を見ようと思う。
アラリック コントロールD→D+
今季で大きく成長したアラリック。
変化もオールB、制球力も付いてきた。先発でも無難な投球を見せ抑えでも特に問題は無い。この投手も今回のシステム改善のルールが適用されているならば衰退期まで使っていきたい。
| MKS | 2006スプリング試合結果 | comments(1) | trackbacks(0) |