無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
スプリング終了〜選手大量放出
久々の更新。
スプリングシーズンを58勝(19位)で終えたものの終盤の連敗でやっぱり賞金獲得は無理だった。勝っても勝っても順位は上がらず10位以上に食い込むには強豪に勝ち続けなければいけない。結局1桁順位の強豪との連戦に勝ちきれず、いつものポジションで終わった。

シーズン終了後、例の「解雇したら半分ptあげちゃうよ」から「元に戻しちゃうもんね」のおかげで大幅にチーム戦力の見直しを図る羽目になった。(どこでもいっしょだろうが)

チームに長年貢献してきた主力選手も殆ど放出。
4番を打ち続けてきたスター、エースのチェコをはじめ、ハーシュ2名、G.マーク、16万捕手のワグナー、獲ったばかりのシリング、遊撃レギュラースミス、DHで打撃開眼したブッシュと、要するにチームを一回解散して作り直しましょう的な感。

各選手お疲れ様、って事で簡単に紹介。
【スター】
29歳で約20000ptで獲得。それから36歳まで成長期が続き37歳でも赤が出続けるという優良選手。ウチでは30万pt近くまで育った。ここ数シーズンは不動の4番としてチーム打撃3部門で3季連続三冠王。制度変更が無ければ最後まで面倒見たかった選手。

【チェコ】
30歳でポスティング入団。「半分で〜・・」制度で衰えるまで使おうという算段で約10万ptの評価ながら2万弱のptで獲得できた。
そろそろ衰えるだろうと思っていたのだが、成長期は続き4季の間先発1番手として貢献してくれた。
最終的には40万pt弱まで評価は上がったが流石にこの制度では放出せざるを得なく、ポスティングへ。スターと同じく最後まで面倒を見たかった。

【ワグナー】
16万ptを出して獲得した捕手。肩A+は秀逸だった。Yスタの選手は成長期が続いていても一定年齢で衰えが始まる為寿命は短いと判断し放出。赤字だったが仕方が無い。

【マーク】【スミス】【ブッシュ】
マークはワグナー同様高齢の為放出。成長期は続いていたが寿命は短い。
スミスは31歳で獲得、34歳まで成長期は続いた。隔年選手で活躍→さっぱり→活躍→さっぱりな選手だった。
ブッシュは31歳で成熟期になった為放出。ワグナー加入でDH専任になってからは5番を務めた。勝負強く走力もそこそこ上がってきた為穴のない選手だった。
この3選手は獲得ptから完全に元は取れた選手。

【シリング】
3季くらいは成長するかなと思い獲得したが結果は1季で終了。見事コメントに騙された感ありあり。
とは言えその1季の成績は秀逸で3割30本を記録、チームのHR・打点王だった。打撃状態も初期値330で文句なしだったが残念。

【ハーシュ2名】
32歳から3季連続で成長が続いた好選手。2名ともそこそこ活躍し、何とか獲得ptの元は取れた。制度変更が無ければ最後まで使いたかった。

これだけレギュラーメンバーがチームを抜けてしまうと間違いなく弱体化する。補強は別項で紹介するが満足はいかない状況。
各チーム同じだとは思うがもう高額選手にはうかつに手を出せないな。
| MKS | Yスタ全般 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: