無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
サマーシーズン構想
〜野手〜
戦力補強も終了し、後はスタメンを決めるのみ。
Yスタでは代打が出る打順と条件が決められているので、フル出場させたい選手は代打が出ない打順に据えてやれば問題ない。

控えの選手はショートと外野。
しかし外野控えのロングは守備がD−で肩も弱く不安。なので打つほうで一番期待できないアンダーソンのみ代えられる可能性があるポジションに置く。
残りのあいはらは打撃もチーム打点王だったが、守備面での貢献が非常に大きく外せない。ウォルターも2季連続チーム首位打者で外せるわけもなく。

ショートのスミス、ちば、いずれを使うにしろ必ず代打が出る打順に。まだスミスも未知数。ちばとの併用も十分考えられるし、逆に打撃好調ならオータムからDHに据え、守備面でアドバンテージを持つちばスタメンも可能。
サードザニーが不調ならマルダーを守らせ、DHにスミスでも可。臨機応変にいきたい。

とここまでが控えを含めた現時点での構想。
残りの選手は代わりが居ないのでほぼフル出場になる。
あとは打順を組んでいくだけ。上手く機能してくれるといいんだが。

〜投手〜
新外国人は回避した為8人体制で挑む。
先発はチェコ、パク、クサンウ、モーラ、マークの5人。
左2枚、右3枚うち1人アンダースローとバラエティに富んだ布陣が出来上がった。昨季よりは安心して見られるだろう。
中継ぎはセドリック、オルト。
制球力が付き、随分安定感が増した感のあるセドリック。オルトも今季中には恐らくDレベルに上がる。登板機会も人数の関係で昨季より増えるだろう。
抑えは今季もアラリックに任せる事に。
変化オールBになり昨季以上の成績を残して欲しい。大崩れはしない投手だと思うので安心している。

追記5/30
選手成長
ウィルソン 守備D+→C−
バントと肩以外全てCレベル以上に到達で打撃状態も320超。能力は実に見栄えがいい選手に成長したものだが結果が残せるか。
| MKS | オフシーズン | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2006/05/27 9:33 PM posted by: BA
こんばんは。勿論役立ちましたヨ。
ミート力補足。MKSさんの場合、上位4人が四天王。
やや落ちてマルダー。ウチのルターよりやや上。
残りの選手は助っ人外国人の並みレベルと考えていいのではないでしょうか。この辺が多いということです。
ホ〜ジ〜はこのクラスより下なんですヨ〜(ToT)
そうそう、ウチと重複する選手はウォルターだけなんですね。アンダーソンより低いといってもほとんど同じです。打撃状態が.320超によりとてもバランスがとれています。だから打つのではないでしょうか。10,000pt安いことを考えるとウォルターの方が断然お得感あり。
また面白い事を一つ。打撃状態が.001上がっても巧打力値は1上がりません。1厘だと分かり辛いが・・・応用を。知っていたらご勘弁を。

スミスは未知数、ちば君は覚醒するか、ホント起用に悩みそうですね。でも、開幕当初はいいお試し期間ではないでしょうか。

あ〜、対戦ですかぁ。困るなぁ。
ウチの投手陣が踏ん張れるかでしょう。ドラフト軍団がお待ちしていますヨ(笑)。

最後に、ソンは損。昔ジョン損投手をウチは掴みました。
2006/05/27 9:40 PM posted by: saba
こんばんは

同じ事を考えていました(笑)それは入札のマークです。こちらも同じようにマークを狙っていたのですが
MKSさんが入れていたので遠慮したんですよ(笑)なので新品?のマークを先程取りました。
今回の新外国人はあまり目玉が無かったですね。特に外野は高齢で地雷の香りが漂ってますw
唯一の若手のロング安い割りに打撃状態が高いですね。しっかり確保されてるのがさすがですねw

スミスこちらは順調でした。64試合出場で.295 16本 打点54 犠打16でした。
主に打率の上がりにくい2番で使用しこの成績なら満足がいけましたよ。
打撃状態が高い選手はハズレも少ないのでそちらでも活躍するのではないかな。

このゲームって意外とオフシーズンの方が楽しく感じませんか?
自分は構想を練ってる今が一番楽しいな〜
始まると弱くて愚痴っぽくなってくるし(笑)

リアル野球もSが好調でDに追い付きそうでYスタもリアル野球もライバルって事でw
2006/05/29 12:34 AM posted by: BA
こんばんは。

そうなんです。選球眼の成長もあるのです。
しかも、バントもあります。よって、現在ウチはバント練習を一切しません。値の変動をできるだけ小さくしてできるだけ考慮しないようにするためです。それに、バントを上げても余りメリットはないと考えていますので。

実は全80試合、毎試合、巧打力値と各選手の打撃状態はメモっていました。これは来季もやります。
ところで、あの〜、巧打力値が試合で4.6上がったというのはどういうことでしょうか。

そうそう、スミスとロングの計算をまだしていません。日曜日は遊びに忙しくて(笑)。寝る前にしますね。

パセラはウチも大活躍。老化してからも頑張って防御率ランキングにもちょこっと載りました。
ウチも損選手はパスします。ニル損なんていましたね。アラリックはこれより安かったことを考えると凄いっス。
2006/05/29 9:43 PM posted by: BA
こんばんは。
知っています。
が、ウチのPCぼろくて不具合が生じるので使っていません。もう1台まともなヤツがあるのですがこちらはこちらでウィルスソフトを入れていないので専ら事務処理用なんです。
もっとも、ミート力は小数点第1位まで出しています。四捨五入?しているのは薄々気が付いていました。
さて、スミスはマルダーより下です。マルダーと、アンダーソン・ウォルターらのグループとの中間位です。
ロングはアンダーソン・ウォルターらのグループより下です。打撃状態を高めにしてカバーしている感。ホージーに似ているかな。

なお、疑問は解決しました。どうもでした。
2006/05/30 9:31 PM posted by: MKS
>>BAさん
こんばんは、やはりご存知でしたねw
そのソフトはかなり重めなので。。私も去年のオータムから使用していますが累積されたデータはGB単位。さすがにびっくりしました。

スミスはやはりその位置でしたか。ロングはやはり低いようですね。BAさんの方法だと多分アンダーより下にくるのではと思いました。
打撃状態に依存している選手と、ミート力に依存している選手、両立している選手は少なそうですよね。
大抵どちらかに属しているような気がします。

今後も自分なりのミート力の計算法を又色々考えてみることにします。
ミート力に関してはいろいろ手を煩わせてしまい、申し訳ありません&感謝です。ありがとうございましたm(__)m
2006/05/31 9:09 PM posted by: BA
こんばんは。
いえいえ。いい勉強になりました。全くその通りだと思います。
さて、また始まりますね。結構長丁場なので序盤戦はまったりといきますヨ。
簡単ですがこれにて御免。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ysta.jugem.jp/trackback/97